浴衣の汗染み対策は?汗を止める方法や涼しい着方は?

年間行事


夏になると、いろんな所で花火大会や夏祭りが開かれますね。

夏祭りや花火大会にはやっぱり浴衣を着たい!という方も多いと思います。

でも、浴衣って、意外と暑いんですよね。

髪型、メイク、小物もバッチリ!なのに、汗をかいてしまって、浴衣姿が台無しに…

なんてことにならないように、浴衣を着る前に汗対策もしっかりとしておきたいですよね。

今回は、浴衣の汗や汗染みの対策や、汗の止め方についてご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

浴衣の汗染みをつくらない為にできる予防は?

花火大会や夏祭りに気合を入れて浴衣を着て行ったのに、気が付いたら、背中やお尻回りが汗だく…

そんな時に限って、色が薄い浴衣だから、汗染みが目立ってしまって恥ずかしい思いをした!

背中に浴衣が張り付いて気になる!

なんて事ありませんでしたか?

汗染みが気になって楽しめない!なんて事にならないように、事前に汗染みを作らないように対策をしておきましょう!

 

  • 浴衣用のインナーを着る

浴衣や着物など、和装用のインナーがあります。

ワンピースタイプが多く、お尻回りまでカバーしてくれるので、下着が透けるのも防げます。

カップ付きタイプもあります。

 

  • 吸汗タイプのインナーを着る

和装用のインナーではなく、洋服用のインナーでも代用可能です。

できれば、胸元の開いた吸汗タイプを選びましょう。

ユニクロなどですぐ手に入るので、急ぎで必要な場合におすすめです。

 

  • ステテコを履く

お尻回りや太ももも、意外と汗をかきますよね。

ワンピースタイプであれば問題ありませんが、そうでない場合は、ステテコを一緒に着用するのがおすすめです。

腰の部分と帯が重ならないようにローライズタイプを選びましょう。

浴衣を直接着てしまうと、どうしても浴衣が汗を吸ってしまい、汗染みになってしまいます。

浴衣を着る際はインナーを着用し、汗染みを予防しましょう。

 

  • 冷感スプレーを使用する

肌着や浴衣に冷感スプレーをしておくと、浴衣を着ていてもひんやりとして気持ちがいいです。

ただし、長時間は持たないので、持ち歩くようにすれば、暑くなった時に使用できますね。

 

  • 保冷剤などを持ち歩く

家にある保冷剤をタオルなどに巻いて持ち歩きます。

帯の中に仕込んでおく事もできます。

太い血管のある首元を冷やす事が大切です。

ペットボトルにお茶などを入れて凍らせておけば、汗対策と、水分補給の一石二鳥にもありますね。

 

他にも、

うちわや扇子を持参する

汗拭きシートを使用する

汗染み防止スプレーをする

など、予防策があります。

 

浴衣を着ている時汗を止める方法はある?

浴衣を着ている時に一番気になるのが、顔の汗ではないでしょうか。

暑くて、顔から汗が垂れてくる…メイクが崩れる…なんて嫌ですよね。

背中や脇などは、インナーなどで対策ができますが、顔の汗はどうやっても隠し切れませんよね。

そんな時に出来る顔汗の対策が

 

胸の上あたりを紐などで強めに縛る

 

これは、舞妓さんも実践している方法なので、効果はありますよ!

「半側発汗」というものを利用した予防法で、圧迫した部分から上の汗を止めることができます。

ただ、そこから下の部分は汗をかきますので、浴衣の中の汗対策はしっかりしておく必要があります。

お手持ちの紐などで実践してもいいですし、専用のアイテムもあります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あす楽 汗止め帯 汗止めバンド ノーマルタイプ M 85〜95cm 指圧ベルト
価格:2049円(税込、送料無料) (2018/4/10時点)

 

また、少しお高めですが、制汗対策ジェルを塗って汗対策する方法もあります。

顔や体に使用できるので、汗が気になる所に塗っておけば、汗を気にせず楽しめますね!

 

 

ただ、どれも個人差がありますので、ご注意下さい。

 

 

浴衣の涼しい着方は?

汗を対策することも大切ですが、浴衣を涼しく着る事が出来れば、汗をかく量も抑えられますよね。

まずは、浴衣を着る時点で汗をかいていない状態にすることが大切です。

部屋が暑い中で支度をするだけでも汗をかきますので、エアコンなどで部屋を涼しくしておきましょう。

 

1、シャワーで汗を流す

暑いお湯では上がった後に汗をかいてしまうので、ぬるめのお湯で短時間でシャワーを浴び、汗を流します。

2、涼しい部屋で支度をする

エアコンなどで涼しくした部屋で浴衣の着付けをします。

 

3、焦りは禁物、時間に余裕を持つ

着付けに慣れていないと、時間がかかりますよね。時間がかかって焦る事によって汗がでてきます。

焦らず支度ができるように時間に余裕をもって行動しましょう。

 

4、冷感スプレーをかけておく

肌着や浴衣に冷感スプレーをかけておくだけで涼しく感じますよ。

 

5、衣紋を抜いて浴衣を着る

衣紋とは、襟と首(うなじ)の部分の事です。

浴衣を着るときに、少し余裕を持たせて着付けると、風が抜けやすくなり、涼しく着る事が出来ます。

首の後ろを、こぶし1つ分ほど抜いて着付けましょう。

これだけでも、涼しく浴衣を着る事ができますよ!

あとは、汗対策を一緒に行いながら、浴衣を着てみて下さいね!

 

関連記事

浴衣のお手入れや洗濯の仕方は?のりやアイロンがけはどうすればいい?

 

 

まとめ

浴衣を着るなら、汗を気にせず楽しみたいですよね。

汗対策はインナーを着用するのが定番ですが、

他にも汗対策はたくさんありますので、ご自分にあった対策方法を探してみて下さい。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました