お盆にお墓参りをするのはなぜ?いつ行けばいいの?

年間行事

8月に入ると、もうすぐお盆休みです。

お盆には、お墓参りをする習慣がありますよね。

私も、実家からお墓参りに行くから帰ってきなさい。と毎年連絡がきます。

でも、そもそもなぜ、お盆にお墓参りをするのでしょうか?

お盆の中でも、お墓参りに行く日にちや時間に決まりがあるのでしょうか?

そんな、お盆のお墓参りについての疑問をまとめました。

 

スポンサーリンク

お盆にお墓参りをするのはなぜ?

お盆の期間には、ご先祖様の霊が浄土(天国)から現世に帰ってくると考えられています。

現世に帰ってきているのに、お墓参りが必要なの?

と思ってしまいがちですが、実は、霊となったご先祖様は同じ場所に留まってはいないんです!

 

宗派や地域によって考え方は様々ありますが、霊となったご先祖様は、お墓でじっとしている訳ではなく、あの世とこの世を行ったり来たりしているそうです。

そして、あの世とこの世をつなぐ場所がお墓となるのです。

お盆の初日にお墓参りに行くのは、ご先祖様の霊をお迎えに行くという意味があります。

私の住んでいる地域では、「迎え火」をして、ご先祖様が道に迷わないように火を焚いて、家に連れて帰るという風習がありますし、提灯を灯したりする地域もありますよね。

 

お墓はご先祖様がこの世に帰ってくる為の門なので、お墓参りの際には、お墓をキレイにして、ご先祖様が気持ちよく帰って来られるようにしているんです。

お盆にはご先祖様が帰ってきちゃうので、できれば、お盆前にお墓をキレイにしておきたいですね。

 

「お迎え」をするので、もちろん「お見送り」もあります。

お盆の最終日に「送り火」をして、ご先祖様の霊が迷わずお墓まで帰れるように、火を焚いています。

なので、お盆のお墓参りは初日と最終日の2回という事になりますね。

お盆には、ご先祖様の霊を迎えに行き、その後お見送りする為に、お墓参りに行くのです。

 

スポンサーリンク

お盆のお墓参りはいつ行けばいいの?

お盆と言われている期間は、8月13日~16日です。(一部地域によっては7月13日~16日)

こちらも、宗派や地域の習慣によって変わってきますが、絶対この日!という決まりはありません。

一般的には、初日である13日にご先祖様をお迎えし、16日にお見送りをするというのが一番多いですね。

時間帯に関しても、行きは早く、帰りはゆっくりと言われている事から、13日は午前中、16日は夕方が良いとされています。

 

しかし、時間に関しては、難しい場合もありますよね。

特に、お墓から離れた場所に住んでいる場合、午前中に間に合わなかったり、お仕事などで、時間が限られていたり。

なので、難しい場合は、お墓参りに行く日にちや時間はあまり深く考えず、都合の良い日、時間にお墓参りに行きましょう。

 

一番大切なのは、ご先祖様を思い、お墓参りに行くという事ですよね。

いつ、何時であっても、お墓参りに行く事でご先祖様は喜んで下さると思います。

 

まとめ

お盆の期間は、ご先祖様をお迎えし、一緒にお盆の時期を過ごし、感謝してお見送りをするものです。

でも、忙しくてお墓参りにいけない事もありますよね。

大切なのは、ご先祖様や故人を偲び、感謝する気持ちです。

お墓参りが出来なくても、ご先祖様や故人を思い、心の中で手を合わせられるといいですね!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました