東武動物公園は動物園のみでも!遊園地など情報まとめ

動物園 未分類

東武動物公園は、埼玉県にある、遊園地や動物園などがあるレジャー施設です。

【ハイブリッド・レジャーランド】とうたっているだけあって、園内はとても広く1日遊べるレジャーランドです。

夏には大きいプールもあり、夏場はプール目的の人で賑わっています。

そんな東武動物公園をご紹介致します♪

スポンサーリンク

東武動物公園は動物園のみでも楽しめます♪

東武動物公園は、世界的にとても貴重なホワイトタイガーが飼育・展示されている事で有名です。

ホワイトタイガーを含め、展示の仕方に凝っていて、キャットワールドやモンキーワールド、アフリカサバンナなど似たような仲間や生息地別に分かれていたりするので、動物達の比較もしやすいんです。

ふれあい動物の森では、ウサギ・モルモット・ひよこを抱っこ出来たり、ヤギやヒツジ、アルパカなどと触れ合ったりオヤツをあげることが出来ます。

また、ふれあい動物の森以外でも様々な動物達にオヤツをあげることが出来るんです!

クマやゾウ・ワオキツネザル・ペンギンなど、おやつ体験できる動物が多いですが、中でもホワイトタイガーのオヤツあげは他ではなかなか出来ないオススメの体験です♪

他にも、ふれあい動物パレードやバードショー、オットセイショーなど園内の至る所でイベントが開催されています。

イベントによって場所と時間が違うので、見たいイベントがあれば確認しておきましょう。

動物園の端の方にはわんこヴィレッジがあり、沢山の犬達と触れ合う事が出来ちゃいます。

住宅事情などにより家で犬を飼えない方には嬉しい施設ですね!

さらに、ここは乗馬クラブがあるんです。

乗馬ができるのは会員のみですが、体験乗馬も行なっています。

私は以前同じ系列のクラブで会員になっていて、10年以上乗っていましたがとても親切なスタッフさん達で、馬もキチンと乗馬用に調教されていたので安心して通う事が出来ました。

東武動物公園が近所ならダイエットにも良いので、ついでに乗馬もありでしょう。

東武動物公園の遊園地情報

ここの遊園地は、東武動物公園自体は広いですが動物園やプールなどがあるので、ごく一部のエリアです。

ですが比較的に乗り物の数は豊富です。

観覧車やジェットコースター、メリーゴーランドなど絶叫系からのんびり系まで、子供から大人まで楽しめるアトラクションがあります。

周囲に高い建物がほとんど無いので、観覧車の上から見る景色は絶景です!

 

世界初の水上に木製で出来た【水上木製コースター・レジーナ】は劣化によりもう乗る事が出来なくなってしまいました。

これは、本当に残念です。

 

スポンサーリンク

夏になったらプールで遊ぶ!

東武スーパープールは、夏季限定でオープンしています。

私はいつも動物園ばかりでプールへ行った事はありませんが、夏場はとてもプールが混んでいる印象があります。

施設内には、流れるプールや波のプール、スライダーなどがあるので、プールだけでも十分に楽しめますね!

レストラン・カフェ&ショップ情報

レストランと軽食の売っているカフェ数が多いです。

【ふれあいショップわとと】は、ふれあい動物の森内にあり、飼育員さん達が手作りしたグッズなどが売っています。

ふれあい動物の森で飼育されているビルマニシキヘビの脱皮をした皮が売られています。

ヘビ皮は金運アップが有名なので、お財布に入れておくと良いかもしれません。

駐車場

東ゲートと西ゲートの両方に駐車場があります。

東ゲートの方が表の様な感じです。遊園地が東ゲート近く、動物園が西ゲート近くになります。

駐車料金は普通車が1日1000円です。

駐車場が広いので、停めた場所を覚えておいた方が良いでしょう。

最寄りの駅からは歩いて10分くらいですしバスも出ているので、混雑するのが分かっているなら電車で行ってもいいですね。

東武動物公園の注意点

営業時間が時期によって異なるので、事前に確認してから行きましょう。

入園料だけで動物園・遊園地の両方を見る事が出来ます。

ただ、遊園地の方はアトラクションごとにお金がかかります。

遊園地も楽しみたいなら、ワンデーパスを購入すると乗り物が乗り放題になるので、とてもお得になります。

また、乗り物ごとに年齢や身長などの制限が設けられているものもあるので、乗る前に確認しておきたいですね。

 

東武スーパープールは、東武動物公園への入園料以外に入場料を払う必要かあります。

動物公園の入園料とセット料金のものや、乗り物乗り放題でも使えるワンデーパスを買えば、お得になります。

3連休以上の大型連休になると、入園口に長蛇の列が出来ます。

まずチケットを買うのに凄く並ぶので、早めに行くか、ネットでチケットを購入してから行きたいですね。

動物園の場合、様々な動物と触れ合えるので多少汚れても良い服装で行く事をおすすめします。

イベントによっては動物が近くまで来る可能性がありますが、むやみに手を出さないようにしましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました