レジ袋有料化はどうして行われたのか?メリットデメリットは?

暮らし・マネー

7月1日から全国でレジ袋の有料化が始まりました。

このレジ袋の有料化、なぜ行われたのでしょうか。

有料化を行う事による、メリットデメリットはあるのでしょうか。

そんな疑問にお答えします。

スポンサーリンク

レジ袋有料化はどうして行われたのか?

経済産業省いわく、環境問題に配慮した形

スーパーを始めとする小売店のプラスチック製レジ袋が、2020年7月1日より全面的に有料化されます。
これは誰の為、何の為なのでしょうか?

経済産業省のガイドラインを確認すると……

「廃棄物・資源制約、海洋プラスチックごみ問題、地球温暖化などの課題もあります。私たちは、プラスチックの過剰な使用を抑制し、賢く利用していく必要があります。」
とあります。
(経済産業省公式ホームページより引用https://www.meti.go.jp/policy/recycle/plasticbag/plasticbag_top.html)

端的に言って、環境問題の為です。

プラスチックごみの原因となるレジ袋を減らせばプラスチックごみが減る。とても単純な話ですね。

環境問題における4Rという言葉を聞いたことはありますか?
私が子供の頃は3Rだった気がするのですが、いつの間にか増えていました。

4Rとは、効果が大きい順にリフューズ(そもそも無駄な消費をしない)、リデュース(使う量を減らす)、リユース(同じものを再使用)、リサイクル(形を変えての再利用)です。

環境問題に手っ取り早いのはリフューズで、たくさん消費している物を皆で使わないようにすればその分環境にも良い影響があります。

レジ袋は皆が使用していますよね? 皆が使用している物を制限すれば分かりやすく環境に良いと考えた政策なんです。

では、狙いが分かったところで実際の利点と欠点を見ていきましょう。

レジ袋が減るとどんないいことがある?

レジ袋による環境への影響は、実はそんなに大きくありません。

なぜならば、現状日本で流通しているレジ袋はほとんどがアジアからの輸入品だからです。

レジ袋を減らしても日本での石油消費量は全くと言っていいほど変わりません。

数字では目に見えてメリットがあるわけではありませんが、個人的には、有料化することそのものに利点があるように思っています。

レジ袋は無料でもらう物という認識が広がっていますが、結局は小売店が備品として購入しているものです。

日本には昨今無料の物が溢れていると思いませんか?
なんでもネットで無料体験、無料お試し、基本プレイ無料など、あらゆる物事が無料でできてしまう世の中。
たかがレジ袋ですが、何かを得るためには相応の対価を支払わなければならないという根本的な常識に即したものになるわけです。

スポンサーリンク

数字は無理でも気の持ちように良い変化が訪れればいいなと、私はそう思います。

そもそも経済産業省の政策ひとつで劇的に環境問題を改善することを期待すること自体間違っています。

また、小売店はレジ袋を有料化することで儲かりますよね、小売店が儲かれば他の商品の値下げに繋がります。

気の長い話ですが、マイバッグを使っていればいつかは恩恵にあずかれるのです。

逆に、デメリットはあるのか?

目に見えるメリットは確かに少ないし、環境を考えるなら自動車の規制など他にできることがたくさんあるのではないかという意見を多く見ました。

お弁当を買って食べて袋のまま捨てるのが便利だったのにできなくなる。
レジ袋が有料と聞いてキレる客が出てくる。
自分のカバンに購入したものを入れると万引きが分かり辛い。

ネットで見かけたのはそんな意見です。

お弁当ひとつのために捨てられるレジ袋をそもそも減らそうという話なので問題ないですし、キレる客はレジ袋関係なくキレます。
万引きはそもそも商品をカバンに入れたタイミングから退店するまで目を離してはいけないので影響は薄いでしょう。

ただ、具体的に他の部分で余計にお金がかかって経済が悪化するとか、明確なデメリットは調べた範囲では提示されていませんでした。

確かに、環境問題へ取り組むなら他にできることはたくさんあるように感じます。

エコバッグが推奨されるこの時代にわざわざやらなくてもいいんじゃないかというのも分かります。

何より有料化より削減に成功したらご褒美の方がマイナス面が薄れてモチベーションが上がるのではというのももっともです。
それでも、明確なデメリットを上げられない以上、否定する理由もないのではと思います。

今まで無料だからなんとなく使っていた人は多いですよね、そのなんとなくの意識改革にはなりますし、それが目的です。

総合的に見たらどう捉えるべき?

他にもあれこれ調べてみましたが、メリットもデメリットも薄いように感じます。

ただ、それが本当に必要かどうか考える。

これは環境問題の大事な一歩ですので、けして無駄なことではありません。

政治家さんに即効性のある政策を期待する気持ちもわかりますが、これは積極的に反対する案件でもないのではと思うのです。

そもそもエコバッグ利用者の筆者にはほぼ無関係です。
自分には無関係で世間的に害があるわけでもない、その上決まってしまった事柄に対して声を上げるのは疲れます。

言ってしまえば反対する労力も惜しいレベルの効果なので、決まってしまった以上まずは有料化した世の中で物をもらうために対価が必要なことと、環境のために今使っている物が本当に必要な物かどうかを考えてみてはいかがでしょうか。

否定するのは簡単ですが、別なことに力を使う方がよほどお得でエコなのではというのが、現状出せる結論です。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました