あおり運転厳罰化!加害者にならないために。

暮らし・マネー

令和2年6月30日から、あおり運転が厳罰化されました。

あおり運転とは、どういった行為を差すのでしょうか。

もしかしたら、あなたも知らず知らずのうちにあおり運転をしてしまっているかもしれません!

その、うっかりミスがあおり運転!?まさか!!

なんて事にならないように、しっかり確認しておきたいですね。

スポンサーリンク

ついに施行! 明確な項目10個

令和2年6月30日からいわゆる「あおり運転」が厳罰化されます。

今まであおり運転での検挙は、道路交通法における車間距離保持義務違反や安全運転義務違反などが適用されてきました。

簡単に言うと車間距離をあけましょう、危ない運転はダメですよ、ということでしたが、あおり運転に関して明確な項目ができたのです。

政府広報オンラインによると、あおり運転にあてはまる10の項目とは
(1)車間距離を極端に詰める(車間距離不保持)
(2)急な進路変更を行う(進路変更禁止違反)
(3)急ブレーキをかける(急ブレーキ禁止違反)
(4)危険な追い越し(追越しの方法違反)
(5)対向車線にはみ出す(通行区分違反)
(6)執ようなクラクション(警音器使用制限違反)
(7)執ようなパッシング(減光等義務違反)
(8)幅寄せや蛇行運転(安全運転義務違反)
(9)高速道路での低速走行(最低速度違反)
(10)高速道路での駐停車(高速自動車国道等駐停車違反)
(政府広報オンラインhttps://www.gov-online.go.jp/useful/article/202006/1.html#a2より引用)
です。

厳罰化と項目の設定は善良なドライバーにはとってもありがたいですよね。

一発で免許停止になることもあるので、これであおり運転が減れば良いのですが。

しかしあおり運転の検挙が平易になることで、あおり運転の誤認逮捕、えん罪が増えてしまうことが予想されます。

今回は上記の項目からいくつか抜粋して、気づかない内にあおり運転の加害者になってしまうのを防ぐ方法をご案内いたします。

車間距離と適切な意思表示

政府が挙げた項目の中で、無意識にやってしまう可能性があるのが、1と、2~4だと思われます。

そもそも適切な車間距離とは何か?

何メートルと言われてもピンときませんし、自身が運転している車ならなおのこと分かりませんよね。

そこで、埼玉県が2017年12月から提唱している車間距離を保つ「0102運動」というものをご紹介いたします。

簡単に言えば目印を設定してそれを通過する「秒数」で車間距離を測ろうというものです。
車間「距離」なのにメートルではなく秒で測ろうというアイデア。賢いですよね。

スポンサーリンク

以下埼玉県公式ホームページから引用です。
『例えば、前を走る車が「電柱」を通過したとして、その通過の瞬間を「0」とします。
そして、自分の車が同じ「電柱」を通過するまでに「2秒以上」数えることができれば車間距離が2秒以上あることになります。

ただし、「1、2(イチ、ニ)」と数えると実際の2秒間より短い場合があるため、数えるときは「0、1、0、2(ゼロ、イチ、ゼロ、ニ)」と数えましょう。』
(埼玉県公式ホームページより引用https://www.pref.saitama.lg.jp/a0311/undou/0102.html)

こちらのホームページには実際に走っていた際にできる車間距離なども具体的に載っているので、多くのドライバーさんに見て頂きたいです。

当然のことながら、これを実践すると時速が上がれば上がるほどに車間距離が自然に伸びていきます。

運転中に余裕がない時は、助手席の人に頼むのもいいかもしれませんね。

また、ベテランのドライバーさんが初心者の助手席に乗る際にもこの目安を念頭に置いてあげてください。

余裕を持って常に安全運転を心掛けたいものです。

 

うっかりミス! ウインカーの出し忘れを減らすには?

さらにあおり運転の自覚はなくても、うっかりミスで2~4の項目に当てはまってしまう事がありますよね。最たるものは、ウインカーの出し忘れです。

クラクションを鳴らされて初めて気付く恥ずかしさ、分かります。申し訳ないと思っても迷惑をかけたドライバーさんに謝る方法もありません。

このうっかりミスを減らすためにはどうしたらいいのか?

端的に言って、習慣化する。これだけです。

教習所では、曲がる時には30メートル手前、進路変更の際には3秒前にウインカーをつけるように教わります。これがもし点かなくて事故にあったら大変なことになりますよね。

うっかりで忘れていいものではありません。

人間、息を吐いたら吸いますよね?

同じです。曲がる時はウインカーを出す。それだけです。

人や地域によって、ウインカーをわざと出さないという人もいるそうですが、法律に触れますので出しましょう。

またそういったウインカーを出さない人種の運転する車にあってしまったら気付いた段階で進路変更をしましょう。道を歩いていて不審者に出会ったら避けますよね?

車でも同じことです。多少の遠回りでも安全を確保しましょう。

 

まとめ

あおり運転が厳罰化されることで、今まで以上に通報する側も過敏になることが考えられます。

ちょっとしたことであおり運転認定されてしまう可能性があるのです。

もちろん、自分が被害にあった時に通報しやすい、悪人が悪さし辛い環境というのは良いことです。スマホはもちろんドライブレコーダーの普及で証拠も残りやすくなっています。

車の事故は命に関わるので、とにかくうっかりミスを減らして、より一層の安全運転を心がけましょう。

これからも安全で快適な車の移動ができますように。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました